メニュー 閉じる

car coating
カーコーティング

TOP > カーコーティング

12月、1月予約分のボディーコーティングの受付は終了いたしました。

多数様のご依頼誠に有難うございます!

スチーマー、ホイールコーティング等は予約受け付け可能です。

2月予約可能件数残り4件です!

お客様に選んで頂ける理由とは?
Reason for choosing

それは、ネットタイヤの "こだわり" です!

■BPグランプリ塗装部門入賞経験を持つ職人が、ボディーの状態に合わせた内容で研磨し、コーティングを施工いたします。

■当店では、お預かりした1台をより丁寧に仕上げる為に『月5台までの完全予約制』にしております。

■2日~3日程お預かりして、ボディーはもちろんの事、ホイール、タイヤ、ヘッドライト、テールライト、ナンバープレート、ドア内側、窓ガラス、そして室内に至るまで、手の届く所はとことん綺麗に仕上げます。

■PITの空き時間、定休日を活用し職人を派遣することでコストの削減を実現しクオリティーの高い施工工程をリーズナブルな価格設定で提供させて頂いております。

お車をお納めさせていただく際に、「感動の一言」を言っていただけるよう努力しております!
お客様のお店選びの一つに加えていただければ幸いです。

ボディーコーティングは下地処理が命!
IMPORTANT POINTS

コーティングの仕上がりは下地処理で9割が決まリます!

「ボディーコーティング」のイメージは・・・?

■「キレイ」「艶がある」「水をはじく」「耐久性がある」「お手入れが簡単」…etc
■「ポリマー系」「ガラス系」「ケイ素系」「フッ素系」「樹脂系」「無機系ガラス」…etc

★コーティングがいかに綺麗な仕上がりになるか否かは、『下地処理」で9割が決まります。
★そこで、当店が特にこだわっているのが下地処理であり、下地処理の工程に一番時間をかけています。
★BPグランプリ入賞経験の実力を持つ職人だからこそなせる技術なのです。

これが、当店自慢の「下地処理」!
Our boasting process

1.汚れを見極める!

まずは車を洗っていきます。

ただ泡立てた洗剤で洗って終わり…なんて事はしません。
汚れやキズを確認しながら中性・アルカリ性・酸性・イオン洗剤…などを汚れに応じて使い分けて洗います。
ボディー全体から ドア内側 ドアヒンジ周り エンジンルームの隅 トランクの隅やリアハッチの隅 ホイール タイヤハウス内まで、見える…そして手が届く、あるいはブラシが入るなど洗える所はとことんきれいにしていきます。

ホイールの洗浄にも時間をかけます。
新車も少しでも走行していれば多少の汚れがあります。
また経年車も特に汚れのひどい場合はたいへんです。
鉄粉除去剤というブレーキダストの鉄粉に反応すると紫色に変色して鉄粉を溶かしてくれる洗剤を使います。
またホイールの内側まで洗いますので1時間以上かかる時もあります。

この洗車作業だけでも3時間以上かかる時もあります。

2.指先で感じる!

長年乗っている車のボディーには、鉄粉という物がついています。

触るとざらざらした感じがしませんか?
それが鉄粉です。新車にだって付着していることがあります。

ここでいう鉄粉とは、ブレーキダストが舞い上がった物や鉄工所から出た物、電車が走る際に車輪とレールがこすれて飛びちった物がボディーに付着します。
その鉄粉を除去するのに使うのが「粘土」というもので、ボディーに付着した鉄粉や不純物を取り除いてくれます。

手で揉むと柔らかくなり水を加えながら、ボディーの上をなぞる事で鉄粉を取ってくれます。
また鉄粉のこびりつきがひどい場合は、ホイール洗浄の時にも使った鉄粉除去剤も使います。
この鉄粉除去作業だけでも1時間以上かかる時もあります。
そして…最後に全体に水をかけて洗い流します。

隙間に入り込んだ水もブロアやエアーで追い出し、水滴の残らないよう丁寧に拭き上げていきます。

3.隙間を無くす!

コーティング剤の塗布作業の前には研磨作業をしますので、ここからは養生作業というものをします。

研磨作業の事は次で説明しますが…その作業時にコンパウンドの磨き粉が出て隙間に入ってしまうのを防ぎ、ガラスやゴム部分など磨くことのできない所をマスキングテープという専用紙テープで保護するのが養生作業です。

この作業は車の大きさにもよりますが、30分から1時間くらいかかります。

4.見えない汚れと戦う!

洗車、鉄粉除去…と作業を進めてきましたが、ボディーにはまだまだ汚れやキズが残っています。

長年乗ってきた車の塗装の表面は雨の汚れや不純物が付いたり、洗車の際の傷や走行時の細かい傷がたくさん付いています。
一見綺麗に見える新車にも汚れや傷が多少なりともあります。
また新車の上面には保護シートの糊が残っていることが多いのですが、これはなかなか気づくことが難しいです。さらに工場ライン上で塗装されたボディーにはブツというゴミの付着もあります。

そんな汚れや傷を1パネルずつポリッシャーという工具で磨きます。
数種類のコンパウンドと数種類のバフというパッドで念入りに磨いていきます。
特にボンネットや天井 トランクは汚れの付きやすい部分なので、ひどい場合は研磨作業を繰り返し上部3面だけでも4時間以上かかる時もあります。

そして、サイド・フェンダー部分 前後バンパーなど磨ける所はすべて磨いていきます。
こちらも2回~3回 繰り返し磨きます。
この研磨作業だけでも、相当の時間がかかる事がわかってもらえると思います。

しかし、まだまだ終わりません。

ポリッシャーで磨くことができなかった部分を綺麗にしていきます。
磨けなかった部分…それはドア内側やドアノブの下、バンパーの細かい部分や下部、サイドステップの下部、エンブレム周りやエンブレムの中など…
普段なかなか綺麗にできない部分も丁寧に汚れをとっていきます。
これもコーティング剤を塗布する為に必要なことなんです。

ここまででやっと一通りの作業が終わりました。

5.油を除去!ガラス剤でコーティング!

ここからは塗装表面に残ったコンパウンドの油分を取っていきます。

これを脱 脂といいます。
油分が残っているとコーティング剤の定着が悪くなるからです。

通常はシリコンオフというケミカル剤を使用しますが塗装を傷めてしまう可能性もあるので、当店では油分の残りにくいコンパウンドや塗布するコーティング剤に最適な液剤を使い洗車や拭き作業をして、塗装に優しい脱脂方法を取り入れています。

やはりこの作業も1~2時間ほどかかります。
この作業が終了してすべての下地処理の作業が終わります。

これだけの時間を費やして、ようやくコーティング剤の塗布作業に入っていくのです。

いかかでしたでしょうか!
新車でも経年車でもコーティング剤を塗布するまでにこれだけの時間がかかります!
またコーティング剤の塗布作業もボディーだけではなく、ヘッドライト、テールランプ、未塗装樹脂パーツ、メッキ部、ドア内、ボンネット裏、リアハッチ(トランク)裏、給油口裏、ナンバープレートなどその部分に合った液剤を塗布していきます。
時には5時間以上かかりますので2~4日もお預かりする理由をわかっていただけると思います。

コーティング剤へのこだわり!
Our boasting Material

ネットタイヤは「エシュロンコーティング剤」を使用しています。

自動車用のコーティングに開発されたエシュロンコーティングは超渇水性被膜を形成するガラスコーティング剤です。製造メーカーはエフィートレードという会社が開発した高性能製品です。エシュロンコーティングの主成分はシリコーンとなります。

ECHELON NANO-FILはコーティング施工後に大気と化学反応を起こし、塗装面上にガラス被膜を形成し強固な被膜となります。

ー エシュロンコーティング剤を選ぶ理由! ー
ECHELON NANO-FIL

最新技術を駆使した超滑水被膜

エシュロンコーティング/ECHELON NANO-FILは塗装面上にSiO2のガラス被膜を形成し塗装面を強固に保護します。 ガラス被膜形成後は滑水被膜となり、機能性と輝きを両立したボディコーティングシステムです。滑水被膜とは親水と撥水の中間のような水弾きとなります。 撥水コーティングに比べイオンデポジットなどのシミの付着を防ぎます。

裏付けされた従来を凌駕する耐候性

エシュロンコーティングは3Dネットワーク構造のコーティング被膜を形成します。シロキサン結合を主にしたエシュロンコーティングは鳥フンや花粉、黄砂などの劣化を軽減し、樹液や酸性雨からも塗装を強固に守るのです。IICラインナップのコーティングの中でも最も効果の高いエシュロンコーティングは第三者機関で試験を行い各種性能において効果が実証された唯一のコーティングシステムです。メーカーの謳い文句だけではく、3年以上のテスト期間で実証された性能は愛車の輝きを保証します。

価値あるコーティングとして

ボディコーティングにおいて重要なことは施工直後の輝きだけでなく、施工後の効果効能が長期間保つこと。性能を実感できることが本来のボディコーティングの概念です。ECHELO 1043NANO-FILは普段のメンテナンスを楽にすることができるためメリットを実感することが可能となります。また、ECHELONのメンテナンスを定期的に行うことで、コーティング被膜にダメージを与えることなく、優れた効果を持続させます。

ー エシュロンコーティングの特徴 ー
for Echelon coating

エシュロンコーティングは高膜厚な被膜を形成するため、一度劣化した塗装面「肌が荒れている状態」の塗装面に対しても高い性能を発揮します。軽トラックのような肌がカサカサな状態でもコーティングをのせることにより、均等な被膜を形成するため艶が向上し、防汚性効果が向上します。 新車登録から年数が経った車両や単色車に是非おすすめしたい商品です。また、塗装面の水滴が流れやすい滑水コーティングは水玉がレンズ効果により雨染みが付着することも軽減しております。

1043NANO-FILはボディコーティングとして、全く新しい構造である「3Dネットワーク構造被膜」を開発しました。エシュロンコーティングは直鎖結合を組み込むことで、高硬度なガラス被膜性能を維持しながらも高い高い追従性のあるしなやかさを併せ持った、より体感できる性能を生み出します。 高性能なエシュロンコーティングは驚異の保護剤を実現し、ECHELON 1043NANO-FILは「インパクトのある膜厚感」、「シミを防ぐ超滑水性」、「従来を凌駕する耐候性」といったコーティングとして求められる最も重要な機能を実現しています。 硬度と柔軟性を併せ持つ3Dネットワーク構造被膜だから実現できたコーティングシステムです。塗装面上に濡れたような深みのある光沢は見る者を魅了することでしょう。また、黄変を防止することで高い透明度を維持して、被膜の光沢が長期間持続します。

コーティング価格表
price list

ボディー3D皮膜ガラスコーティング
【耐用年数5年】

車種 新車 往年車
軽自動車S
41,000円
65,000円
軽自動車L
46,000円
71,000円
小型車
49,000円
75,000円
普通車
53,000円
83,000円
大型車
64,000円
96,000円
RV小型車
72,000円
106,000円
RV大型車
78,000円
112,000円
軽自動車S 軽自動車L 小型車 普通車 大型車 RV小型車 RV大型車
アルト、
ミラ、
ラパン、
etc
ワゴンR、
タント、
ハスラー、
NBOX、
etc
フィット、
アクア、
ビッツ、
etc
カローラ、
プリウス、
ティーダ、
アクセラ、
etc
クラウン、
LS、
GS、
フーガ、
etc
ハリアー、
ボクシー、
ステップワゴン、
セレナ、
etc
ランドクルーザー、
ハイエース、
エルグランド、
アルファード、
デリカ、
エリシオン、
etc
メンテナンス【当店施工車のみ】
7,000円
メンテナンスの流れ
洗車
付着物除去
メンテナンス
コーティング
車内清掃

ホイール専用ガラスコーティング

新品 使用済み
12,000円/4本
25,000円/4本
(クリーニング代込)

ヘッドライト特殊コーティング

新車 往年車
10,000円
20,000円
(研磨代込)

ウィンドウ超撥水二層コーティング

箇所 新車 往年車
フロントガラス
4,000円
7,500円
リアガラス
4,000円
7,500円
サイドガラス(1枚)
2,500円
3,500円
フルコース
トータル金額より「10%OFF」

窓ガラス ウロコ取り

フロントガラス
5,000円
リアガラス
5,000円
サイドガラス(1枚)
3,000円

※表示価格は、全て税別価格です。

※登録日から2カ月以内の車を「新車」とさせていただきます。

施工事例
case example

施工工程

滑水性能

施工実績
Performance

新車 姫路市 S様 ガラスコーティング施工

BMW 新車 明石市 M様 ガラスコーティング施工

LS460 姫路市 K様 ガラスコーティング施工

New opening in 2018
We'll be expecting you!

トップに戻る